示談書、和解書、誓約書のサンプル

示談書、念書、誓約書はすべて重要です。ただ、聞いたことはあるけれど、違い説明するのは難しいですよね。当事務所では、次のような意味合いで使用しています。

示談書(和解書)とは … 不倫相手の女性(男性)から慰謝料を受け取ったので示談/和解します、という契約書。作成しておかないと、慰謝料を追加請求されたり、トラブルが起こる可能性も。慰謝料なしで、二度と会いません、という内容も。

念書とは … ご主人(奥さん)が不倫の事実を認めます、というときなどに作成。話し合いのときには浮気を認めていても、離婚協議のときになって、『浮気なんかしてないけど?証拠あんの?』となることは珍しくありません。素直に認めているうちに、念書を書かせることが大切です。浮気相手に書いてもらうことも。

誓約書とは … 浮気したご主人(奥さん)に、『もうしません!』という誓いを書かせたものです。注意して欲しいのは、これは法的な効力はあまり期待できません。

それぞれ、詳しくご説明します。

不倫で和解するなら、示談書は絶対に必要

示談書の作成は、不倫された側、不倫した側、の双方にメリットがあります。示談書/和解書に書く項目をご説明します。

不倫された側にとって必要な項目

・もう二度と夫(妻)と一切の連絡、接触をしないこと

⇒ 不安なので、しっかり書面に残しましょう。面会、メール、LINE、SNSなど、手段を問わず、二度と連絡させないことが大切です。職場が同じでも、書き方を工夫して書くことができます。慰謝料は要らないけど、この約束だけはして欲しい、というご依頼も珍しくありません。

・接触した場合、違約金を支払うこと

⇒ 単に『会わないこと』と書くより、ペナルティがあった方が効果があります。書いたからと言って、絶対に違約金が受け取れるわけではありませんが、重要です。

・求償権を行使しないこと

⇒ 詳しい説明は省略しますが、場合によっては、不倫相手がご主人に対し、今回支払う慰謝料の一部を、ご主人に請求することがあります。それはしません、という約束です。離婚しないのであれば、重要な項目です。

不倫した側にとって必要な項目

・和解(示談)が完了したこと

⇒ やっぱり、こんな金額じゃ納得できないから追加で支払え!と言われることがあります。

・今後、別の名目を含み、一切の請求をしないこと

⇒ 慰謝料とは別に、口止め料を支払え!と後から言われることがあります。

・会社、家族、友人など、一切、他言無用とすること

⇒ 慰謝料を支払って和解したのに、復讐のために知人へ言いふらす人がいます。

・分割払いのこと

⇒ 慰謝料は安くないので、分割で支払うこともあります。しっかり、書面に残すことが重要です。

他にも、重要な項目がたくさんあります。そして、必要な項目は、立場によって異なる、といえます。あとからトラブルが起きないように、不倫で和解する際は、必ず示談書を作成しましょう。

示談書の作成のみのご依頼の場合、2万円で作成できます。全国どこからでもご依頼いただけます。相談は無料で、慰謝料を支払う側、慰謝料を受け取る側、どちらからもご相談いただけます。(お問合せはページ下部にあります)

必要な情報さえあれば、すぐに作成し、お渡しすることも可能です。示談書の作成はお急ぎの方が多いので、可能な限り、短時間で対応しています。

※紛争性のある案件などでは、和解書の作成をお断りする可能性があります。

示談書によくある間違い

不倫の慰謝料として、1000万円を支払う』という示談書を作成したとして、これは有効でしょうか??実はこれ、心裡留保として無効となってしまう可能性があります。

心裡留保とは、

第93条(心裡留保)
意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。ただし、相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。

と書かれています。難しいですね。

ざっくり説明すると、冗談(みたいな内容の契約)は無効ということです。不倫の慰謝料として、通常であれば1000万円は高すぎます。このため、この示談はおかしいと考えられるかもしれません。実際、1000万円は高すぎるとして、300万円しか認められなかった判例もあるようです。他にも、『また会ったら300万円』なども無効になるかもしれません。

基本的には示談書は、一度、交わすとやり直し(作り直し)が簡単には出来ません。このように、自分で作成するとトラブルの元となりますので、専門家へご相談されるといいでしょう。(特に、ネット上の情報は間違いも多いので、注意が必要です)

ご主人の反省は、念書を書くこと

念書とは、浮気したご主人が、浮気の事実を認めたことを文書にしたものです。離婚するにしても、しないにしても、作成しないで後悔するより、面倒でも作成した方がいいと思います。

例えば、再構築を目指しても、やはり離婚に至る場合があります。そんなとき、不倫の証拠がなければ、離婚したくても出来ない可能性もあるのです。(だいたい浮気した男性は、『君が離婚したくなったら、いつでもするから!』と言いますが、実際に離婚の段階になると、『浮気?証拠は?』という人がいます。)

ちなみに、不倫した男性で、反省していない場合、素直に念書を書かないそうです。

・こんな紙を書いて、なにに使うんだ!慰謝料請求するのか!

・そんなに俺が信用できないのか!

・もう連絡先は消した!相手の情報はすべて分からない!

・こんなもの書くくらいなら離婚だ!

というのが常套句です。

しかし、残念ながら、念書を書いても書かなくても、慰謝料請求する権利に関係ありません。信用のあるなしにも関係ありません。(不倫した時点で、信用があると思っている方が疑問ですが…)

連絡先を調べる方法はいくらでもあります。そんなに不倫相手を守りたいのでしょうか?

しかし、いくら不倫されても、子供のために離婚したくない女性などは、こうしたことを言われると、強い態度に出られないことも多々あります。理不尽ですよね…。

経験上、本当に反省し、二度と不倫せず、したことに責任を取る男性は、素直に念書を書いてくれるようです。逆に、絶対に書かない!という男性は、かなり危ないです。

…とは言っても、素直に念書を書かない人もたくさんいます。再構築を目指している場合、書く、書かないで揉めるのも得策でありません。

別に、念書を書いたからと言って、慰謝料請求などに使わないとダメ、というルールはありません。あくまで、事実を認めるだけなのです。『これを書いたら不利になるじゃん!』と言った男性がいるそうですが、不倫した時点で有利も不利もありません。

ご主人の人間性や反省度を確認するためにも、念書は有効かもしれません。

ちなみに、念書は単に『○月○日、誰さんと肉体関係を持ちました~』だけでは意味がない場合があります。どちらが積極的に誘ったのか、既婚者だと知っていたのか、回数など、さまざまな要素が重要になってきます。後悔しないよう、念書の作成も、専門家へご相談することをオススメします。

誓約書はこちら

誓約書に関しては別のページを作成しました。

こちら

まとめ

大きく、浮気相手と交わす示談書(和解書)、浮気を認める念書、もう浮気しませんという誓約書、の3種類をご用意しています。

当事務所では、それぞれ、各2万円(税別)で作成します。

ご相談はすべて無料です。メールやLINEでもご相談いただけます。全国、どこからでもご依頼可能です。

ご注意

当事務所は行政書士事務所ですので、以下の行為は一切、行いません。

・相手方との交渉、交渉に類似する行為、交渉のサポートやアドバイス

・相手が示談に応じるつもりがないと意思表示されている際の示談書(和解書)作成

・慰謝料の金額で揉めている際の示談書(和解書)作成

基本的に、揉めている場合、揉めそうな場合は弁護士さんにご相談ください。行政書士が書類(示談書や和解書)が作成できるのは、話し合いが終わっているときか、揉め事が起こっていない(起きそうにない)場合に限られます。

メニューのご紹介

1、【絶対に慰謝料が貰える保証はない

慰謝料を請求することと実際に受け取ることには大きな差があります。事前にリスクを知ることで、後悔しないようにしましょう。

2、【当事務所がオススメの理由

料金、サービス、LINEでの相談など、当事務所の特徴をさらに詳しくご紹介。

3、【よくある質問

不倫や慰謝料請求に関して、よくある質問をまとめてみました。

4、【浮気されても再構築は可能

たくさんの離婚相談の経験から、浮気と再構築について。

5、【男性からの不倫相談

奥さんの浮気が発覚し、相談に来る男性が増えています。

6、【示談書、和解書、誓約書の作成

慰謝料を支払って和解する場合は、必ず示談書を作成しましょう。当事務所なら、2万円で作成します。

7、【アクセス

当事務所のアクセスや営業時間のご紹介。

8、【お問い合わせ

LINEやメールでのお問い合わせはこちら。